育乳効果を高める運動方法

育乳効果を高める運動方法とは

育乳,効果,運動,方法

 

育乳効果を引き出すには運動がおススメです。どんな運動を取り入れるのが良いのかと言うと、水泳、ロッククライミング、バトミントン、自転車、弓道、フラダンス、ヨガが育乳効果があると言われている運動です。

 

これらの運動が育乳に良いとされている理由は、大胸筋を鍛えて、代謝をアップさせることができるからです。大胸筋を鍛えることで美乳につながり、代謝をアップさせることで、お腹や背中などの余分な脂肪も落ちやすくなるので、バストを大きく見せてくれます。

 

これらの運動を長時間継続して行うことで効果を得られます。簡単で続けやすい運動を取り入れることが育乳効果を引き出してくれます。

 

続けやすい運動として挙げられるのは、ヨガやストレッチです。時間や体力がない人でも取り入れられ、自宅でも気軽に行うことができます。

 

ヨガやストレッチ方法は色々ありますが、一番有名なのは「合掌のポーズ」です。胸の中心部分に意識を向け、大胸筋に力を入れるイメージで手のひら同士を10秒押します。地味なストレッチですが、続けていくと確実な効果を得られるストレッチです。テレビを見ながらでもできる方法なので続けやすく、おススメです。

 

肩や腕を回して筋肉をほぐし、リンパや血液の流れを良くするだけでも育乳効果を引き出しやすくしてくれます。

育乳に効果のある腕立て伏せの方法とは

育乳,効果,運動,方法

 

腕立て伏せは育乳に効果的です。腕立て伏せは大胸筋を鍛えることができるのでバストアップが期待できるので、育乳につながるのです。

 

胸の筋肉である大胸筋はバストの土台と言われている部分なので、ここをしっかり鍛えることで綺麗なバストを維持し、乳腺にも刺激を与えてくれるので、バストアップや育乳に効果的なのです。

 

ですが、腕立て伏せを続けるのは正直大変です。一般的な腕立て伏せは腕で体重を持ち上げる運動となり、頭にも血が上ってしまいますので、結構しんどいものです。腕ではなく胸の筋肉を鍛えるための腕立て伏せは膝を付いた状態で行うので、筋力が少ない人でも負担なく行うことができて、胸の筋肉も鍛えることができます。

 

胸の筋肉を鍛える腕立て伏せのやり方は、まず四つんばいになって、膝だけを床につけ、足を少し広げます。腕を肩幅より広めに開いて、床に手をつきます。

 

息を吐きながら肘をゆっくりと曲げ、顎が床につくくらいまで身体を下ろします。息を吸いながら肘をゆっくり伸ばします。これを15回1セットから2セット行います。腕ではなく胸の筋肉を意識して使うことがポイントです。

 

大胸筋を鍛えることを意識して毎日腕立て伏せを取り入れることで、バストアップと育乳に効果的につなげることができます。

腕立て伏せをしてバストアップする

育乳,効果,運動,方法

 

腕立て伏せはバストの土台である大胸筋を鍛える事が出来るので、バストの垂れ下がりやたるみを防止出来ます。腕立て伏せを行う時のポイントは、胸の筋肉を使って持ち上げるようにする事です。腕を使って行ってしまうと、腕ばかりが鍛えられてしまいます。

 

胸を意識して大胸筋を使うようにする事で、バストの土台が作られていきます。通常の腕立て伏せは、背中をしっかりと伸ばして息を吐きながら身体を持ち上げて息を吸いながら身体をおろしていきます。これを繰り返し行っていくのが、正しい腕立て伏せです。

 

ただしほとんどの女性は通常の腕立て伏せが出来ない人が多く、普段から運動を行っていない人は2.3回で身体に強い疲れを感じます。大胸筋を鍛えすぎるのはバストアップに良くないので、無理をして行ってはいけないです。

 

大胸筋を鍛えすぎると、筋肉が強固になってしまいバストが固くなってしまいます。このため女性の場合は、膝附で腕立て伏せを行うようにします。手のひらとバストと平行線になるように肩幅よりも少し広めに開き、バストの筋肉を意識をしながら行っていきます。

 

効果的に大胸筋を鍛えられ、膝を床に付けると身体に負担がかかりにくいので楽に出来ます。

ハリーアップが効果的な5つの理由と口コミ評判!トップページへ胸の形や大きさて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでハリーアップの詳細も確認してみてください^^